彼氏や旦那がいても、他の男性とのテレフォンセックスを楽しんでいるという女性は少なくありません。
それは性欲が男性が求める異常に強いということではなく、現在のパートナーとのセックスに満足出来ていないケースも多々あります。

独りよがりのセックスをする男性

長い付き合いになると前戯などが疎かになってきますし、女性側が感じているかどうかといったコには無頓着な男性というのも、少なくありません。
男性は「下手くそ」と言われれば傷つきますし、言わなければ独りよがりのセックスで大満足するような、とても脳天気な人の割合が高いのです。

嫌とハッキリ言えない女性

女性は傷つけたくないので「全然感じない」とはいいません。
もちろん「感じていないことに気がついて欲しい」とは切望していますが、それを口に出すと恥ずかしいし、好きものと思われてしまうかもしれないといった心配もあって、ナカナカ言い出せないのです。
そういった不満が、テレフォンセックスを楽しむという方向に出てしまうこともあるのです。
もちろん出会い系サイトで他の男性と遊ぶという選択肢もありますが、リアルな浮気になると勇気がないとか、実際にあってセックスをしても現在のパートナーとあまり変わらないほどお粗末でガッカリしたという経験があれば、またそういう出会いにも期待ができなくなります。

テレフォンセックスなら気持ちの良いポイントを自分でせめれる

テレフォンセックスの場合には、現実に触っているのは自分のことをよく知っている自分自身ですから、気持ちを盛り上げる演出を電話の向こうの男性が作ってくれて、それを使って更にオナニーを気持ちよくさせているといった感じです。
でも実際にセックスをしたような感覚も与えられます。

実際に会ってセックスするには?

もし「最終的に実際にあってセックスがしたい」という目的があるのであれば、テレフォンセックスの時点で前戯もたっぷり行って、最大限の快感を女性に与えられるように心がけましょう。
そうすることで女性は「この人は実際に会うともっと快感を与えてくれるのではないか」と考え始めるようになります。
回数を重ねることで信頼関係も生まれますし、男性側も「どうすればこの女性は感じるのか」ということを毎回知っていきますよね。
リアルのあったときには、その時に知ったことを生かせばいいのです。
また女性側も心と頭から感じてゆきますので、電話で大きな快感を与えてくれた相手と実際に会うということだけで、快感を得ることができてしまうようになっているのです。
初めて出会ってセックスするよりも、ずっとハードルは下がります。