出会いアプリのファーストメール

ファーストメールがいかに重要であるか、それを知っている人はきっと多いかと思います。ファーストメールは本当に重要視されています。もちろんこれは事実なのですが、ファーストメールだけが大事だと思っている人は多いですが、そうではありません。実は二度目のメール、いわゆるセカンドメールも重要なのです。

ファーストメールを送ったとしても返事外あてから来ない場合にはその先はありません。そしてファーストメールを送ってもし返事がないなら次の人へチャレンジし直しましょう。なぜなら返事がないということは返事をする気がないことを意味しているからです。ここで何度もメールをしつこく送る人がいるのですが、これは迷惑ですのでやめておきましょう。

ファーストメールを送ってから、相手からメールが来たとするとセカンドメールを次に送ることになります。ここで送るセカンドメールの内容、これは具体的にはどんなメールを送るといいのでしょうか。セカンドメールでもファーストメール同様に、やはり相手に対してよい印象を与えたほうがいいでしょう。セカンドメールを送る場合はメールの返事をしてくれたことに対してのお礼をまずはいいましょう。こちらから送ったメールに反応してくれたのですからとても常識的なことですがお礼を言うのが筋です。それを怠る人が多いので、まずはセカンドメールでは返事を送ってくれたことに対してのお礼からスタートしましょう。

相手が返事してくれた内容に沿う

セカンドメールの内容は色々と書きたいこともあると思いますし、早く自分を知ってもらいたいがために自分をアピールしてしまう気持ちも分かります。しかしここではぐっとそれを抑えて、冷静に相手が送ってくれたメールの内容をもとにして内容を考えるようにしましょう。それが相手もちゃんと自分のメールを読んだ上で返事をくれているのだということを知るひとつの方法になります。

全く自分が送った内容と違う内容の話をされると、もしかするとこのメールは自動返信を使っているのではないかと怪しむ人もいるのです。きちんと返事が来たことに対して返事をしているのだとわかるような内容でメールを送ることが重要です。

セカンドメールが成功すれば

セカンドメールを送ってさらに返事が貰えれば、これは8割が成功しているといっても過言ではないかもしれません。ここまで来ればかなり安心と言えるかもしれません。もう8割は成功していると言えるので、あとは会う約束をするだけという状態に持っていけるのではないでしょうか。なかなかそこまでこぎつけるのが大変だという人は多いのですが、そこまでこぎつけることができたのですから、あとひと押しです。

メールの内容を書くとき、考えるときは丁寧に相手が話してくれたことに対してレスポンスするようにしましょう。こちらの話も聞いてもらいたい、知ってもらいたいという気持ちは山々なのですが、それをグッと抑えて控えめな自分でいる事も大事なことです。積極的に行かなければいけないタイミングと、そうではないタイミングをしっかりと見極めた上でメールを送るといいでしょう。

ファーストメールと同様にしてセカンドメールはとても重要ですし、セカンドメール以後のメールに対してもとても重要です。ですからメールを送るときは一通一通、心を込めて送ることをおすすめします。気持ちを込めて相手に対して何を伝えたいのか考えることが重要と言えるでしょう。

出会いが欲しい人必見!→中高年の出会い